わたしのあたま
絵を描くひと・松田幸子の日記です
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2011/04/30(Sat) 21:37  京都、メリー、おじちゃんがおった
昨日、お花ちゃんと特急電車に乗って、京都へ行ってきました。
メリーゴーランド京都店での、あべ弘士さんの展示を見るためです。

休日の京都って、えらいことになっとるんやな。
平日とは比べようがないくらい、人がいっぱいおりました。
飲食店やショッピング施設なんかギュウギュウで
建物から人がはみ出していてたまげました。

腹ペコだった私たちは、まず初めに イノダコーヒー に行きました。
カフェオレと、軽く焼いたトーストのサンドイッチを食べたのだけど
私はぜんっぜん足りませんでした。
でも、おかわりするのが恥ずかしかったので、我慢しました。
京都は繁華街をはずれると、グッと落ち着くのでよいですな。
大人気のイノダさんだって、静かだものな。

腹の虫が少し泣き止んだので、イノダさんのある三条からメリーゴーランドへ。
すごい緊張感に、ドキドキしました。
なぜなら、前回訪ねたときは定休日だったからです。
あまりのショックに、今日ももしや・・・という不安が付きまとうのです。
だからというわけではなかったのだけど
4階まではエレベータで上がって、4階から5階へは階段で上がりました。
ロビーでメリーの名物看板を見たとき、まだ店内にも入っていないのに
目的を大達成したような雰囲気をかもし出した私たちは、しばらくの間
そのロビーで遊んでしまいました。

休日のメリーも、わりかし混んでおるんだな。
混んでおるのにちゃんと静かなので、みんなヒソヒソヒソ声でしゃべるのだね。
私はケーワイなので、普通にしゃべっちまったよ。 で、も、
ティーピーオーはわきまえておるから、大丈夫。 多分、小声でした。 多分・・・

あべさんの展示は、猫の小さい絵がたくさんありました。
とてもよかったです。
あべさんの描く動物の絵、私も好きだなぁ。
作品の手前に置かれていた絵本や画集もじっくり見て
動物と深く接してきた絵本画家であるということを、強く感じました。

絵はだれでも描けるけれど、そのひとでないと描けないものが、ある。
立ち読みしながら、私はやっぱり唸りました。

ギャラリーの隣の書店では、浮田さんの作品が少しだけ展示されていて
本当に驚きました。
だって、浮田さん、、、前のお店のお客さんなんやもん。
あのかわいい浮田おじちゃんの絵が、あまりに濃厚でキリリとしていて
とてもかっこよかったのだからビックリです。 
おしゃべり好きな浮田さん。 制作話では二枚目になる浮田さん。
また会いたいなぁ。
秋に三重のメリーで、漫画家の おーなり由子さん とのレクチャーがあるらしく
私、行けるかなっ。 お休み、どうなるかなっ。





スポンサーサイト
いろんな展覧会のこと | CM:2 | TB:0| edit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。