わたしのあたま
絵を描くひと・松田幸子の日記です
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2011/01/28(Fri) 23:40  竹の輪
昨日は、上の階の画家さんの絵を見るため
お花ちゃんと神戸に行ってきました。 
そして偶然、ヨーコさんと会って、皆でサンドイッチを食べました。
その前は、お店の帰りにキンコーズに行って、絵をコピーしました。
その前も、帰りにキンコーズに行ってコピーして、にっしーとパブでビールを飲みました。
さらにその前は、、、そうだよ、キンコーズでコピーしたんだよ。

お店の隣の金融屋さんが撤退して、キンコーズができたらいいのになー。
便利だし、繁盛するのになー。 なんちてなー。


今日はイベールさんとこに行って、それから アトリエエイコ にも行ってきました。
アトリエエイコ というのは、エイコ という製本作家さんのいる、製本のお店です。
いろんな製本道具が販売されている、大阪では唯一のお店なのです。
自分の働くお店でも取り寄せできない材料がいっぱいあったので
お客さんから問い合わせがあったときは紹介したいなぁ、と思いました。

これ、絶対にいる! というものは、私はとくになかったのだけど、セール中だったので
丈夫なカッターと、柄に赤い薄紙が巻いてある、かわいい目打ちを買いました。
何かの骨でできたヘラも欲しかったのですが
竹の輪を見つけたので、ヘラはやめにしました。

ええ、明らかに衝動買いってやつですな。 

竹の輪というのは、直径2センチメートルくらいの、竹製の輪っかです。 
面取りもしてあって、指にはめて使います。
紙にきれいな折筋をつけるのに便利なのですが、よくよく考えると
別に版画用のスキージでも間に合うことに、今、気が付きました。 

ガーン。




スポンサーサイト
今日の出来事とか | CM:4 | TB:0| edit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。