わたしのあたま
絵を描くひと・松田幸子の日記です
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2010/03/24(Wed) 10:25  田代さん、ごめんな
以前この日記で紹介した、我が家におる
小さいおっさんこと田代さんなのですが
どうやらこの「田代」という名が気にいらないようです。

おっさんが親切心で整理してくれてあった、3重巻きのくるりんコードが
朝、ぐちゃぐちゃになっておりました。
その前には、棚に置いてあったイヤクリーナーが突然
吹っ飛んできました。
吹っ飛んできた、というよりは、投げつけられた、て具合です。

私は考えました。
他によい名はないものか、と。
3~4日くらい考えて、これにしました。

エンデ。

そうです。ミヒャエル・エンデの、エンデです。
うんうん、素敵やん。


今日は多分、エンデも一緒にいきます。

スポンサーサイト
エンデのこと | CM:2 | TB:0| edit
2010/02/03(Wed) 23:15  また、きたのね
こたつで昼寝をしました。
こたつの上には、誰かの食べかけの柿の種が、行儀よく置いてありました。
こたつ布団やカーペットは、掃除したてでとってもきれい。
寝転んでぼんやりしていると、ついウトウトしてしまいます。
極楽やの、極楽やのー。
しかし、しばらくして目が覚めた私は驚きました。
こたつの上にあった柿の種が、私の枕元に数粒、散らばっているじゃねぇか。
ご丁寧にピーナッツまで。
私はガバと跳ね起きました。
「まるで私が食い散らかしたみたいやないか!」
食べかけの柿の種は、こたつの上、私のところから対角線上にありましたし
後にも先にも、居間には私しかいませんでした。


またある日。
お店の奥の奥で、みんなでお昼ご飯を食べていた時のことです。
私はカレーライスを食べていました。
すると、向かいに座ってアイデアノートを眺めていたあらたさんが、見つけたのです。
あらたさんの隣のイスの上に落ちていた、私のライスを・・・。
「あのー、そんなところにまで、こぼしてませんよ」
私はそう言うしかありませんでした。だって、事実だからです。


またまたある日。
自室にある、いっつもぐちゃぐちゃのターンテーブルとヘッドホンのコードが、
一晩明けたらきれいに3重巻きに整理されとったのです。
しかもその3重巻きは、それはそれは丁寧に、ぴっけるくん(という名のロボフィギュア)に
吊り下げられておりました。
なんとありがたい。整理する手間が省かれたというわけです。


その前は、朝起きたら、髪の毛先数本が見事な玉結びになっとったですよ。




小さいおっさん、小ネタをいつもありがとう!と、伝えたいもんです。
今からそのおっさんのことを「田代」と呼ぶことにします。

田代をどうぞよろしく。
エンデのこと | CM:4 | TB:0| edit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。