わたしのあたま
絵を描くひと・松田幸子の日記です
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2011/04/16(Sat) 02:44  8日目は、
本日、無事に最終日を迎えることができました。
来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。
今回の展示では、前回と違って、それはもう
かなりメリハリのある感想、アドバイスをたくさんいただきました。
P4061361.jpg


今日は忙しかったなー。
たくさんの人が、しばらくひっきりなしに来廊してくださいました。
いっぱい話して、いっぱい笑いました。

いちばんのりは山下さんだったのだけど
別件で口がふさがっておった私は、山下さんを放ったらかしにしてしまいました。
別に飲み食いしてたんと違うッスよ。
見送るだけしかできなんだ状態、、、申し訳なかったなぁ。
自分の不器用さに、イラッとしちまうな。 

山下さんを見送ってすぐ、ヨーコさん、山崎さんがきてくれました。
んー、やっぱりかわいいぜ。 菜の花みたいだなー。
ふたりとも イヒヒイヒヒ と笑っておったのが、とてもうれしかったです。
すこしは肉厚になったかなぁ、私の絵。 

・・・あれ? なんか順番が変テコになっとります。

中川さん。 ナカガワさん。 NAKAGAWAさんっ。
ああ~、きてくだすった。
東京での個展が終わった直後でドタバタ真っ最中ですのに、恐縮です。 
アドバイス、たくさんいただきました。
全部、しっかりと受け取りました。 身も引き締まったのが自覚できました。
このまま、きばってゆきます。 ペースダウンしねぇ、したくねぇ。
もっといろいろ書きたいけど~、今は噛みしめる。 うん、それがよいな。
よっしゃよっしゃ。


チンパンですよ~。 ブヒー
P4151430.jpg

その後、ちょっとの間ひと息ついて、またぞくぞくと来廊者がありました。
ぼんやりとユルイ私は、汗かいちまったわい。 まるでサウナ~。
それにしても、作家さんがよっくきてくださいます。
ユルイなりの、緊張でっす。 イベールマジックですな!
前回きてくださった方は、何気によく覚えてくれとるんだねぇ。
「また変な絵ばっかり」 との感想に胸が熱くなります。

ちょっとの空きを見つけては、隣の大部屋との往復も度々、、汗ばみます。
前日までわりかしノンビリしておったので、脳ミソがついてゆきませんのです。

そして。
最後の来廊はデーエヌペーのMさんでした。 
あり? 隠居されたのですか。 でも現役ですのね。
Mさんからは、厳しいアドバイスを大山盛りいただきました。
うむ、去年より厳しいなぁ。 いい感じです。 うむむ。

Mさん 「ケケケ、くやしいやろ~」
私 「はいよ! くやしいよ!」

ウヒャヒャヒャ ウヒャヒャヒャヒャ~

・・・まるで濃ゆい終わりでした。 ありがとございます!


搬出も、搬入同様お花ちゃんが手伝いにきてくれました。
お花ちゃんをドア越しに見たとき、私はなぜだかホッとしました。
お花ちゃん、ありがとね。
ピッピもありがとう! 差し入れ、いただきましたよ。

荷物の出荷を終えた後、イベールさんからまさかのアドバイスがありました。
ほんとに驚きです。 うれしいなぁ。

ギャラリーからも、飛び出しなはれ。 そして 
でっかい絵を、描きなはれ。 次回はその絵を持ってきなはれ。

アドバイスっちゅーか、約束、なんですわね。
まずは50号、描くわな。 労働もするわな。
約束守るわな、イベールさん! 



スポンサーサイト
私の展覧会のこと | CM:4 | TB:0| edit
2011/04/14(Thu) 22:53  7日目は、
いい天気じゃい。
P4141419.jpg
ギャラリーにゆく途中のカフェで、冷たいコーヒーをいただきました。
パラソルの下の日陰が、とても気持ちよかったです。
優雅にコーヒータイムをブレイクしておると
ポールモーリアの、あの有名な曲が天満橋界隈のビル郡にこだましはじめました。
お昼休憩の合図です。
P4141420.jpg
この微妙に閑散としたテラス席周辺、5分後くらいには
スーツマン達でミッチリになったんでした。
あーたまんねぇなー。


相変わらずの出だしですが、いちばんのりは
デザイナーのズボラチのおふたりでした。 松本さんと、福原さんです。
今年の年明け早々のグループ展で、ご一緒だったんだよねー。
ほんでもって、この大人ふたりにむけて、自作の絵本を読み聞かせしたのだけど
これがまた~えらいこっちゃ祭りでしたわい。
絵のことはとにかく棚にあげ置くとして、文章、やっぱりまだアカンがな。
さらなる自覚に、喉がなんべんもつまりそうになりました。
松本さんも読み聞かせをしてくれたのだけど、ありゃよかったなー。
松本さん、変。 あんな流暢に訛れるなんて~すんばらしいな!
こうして最後は、松本さんのおかげで、ダメダメ文章が見事にかすみ
私のひとり拷問タイムも終了しました。 松本さん、ありがとう!

ズボラチさんと少しかぶって、ムチョウさんとフクモッチャンがきてくれました。
ムチョウさんの来廊は、これで2度目です。 すまんね、ありがとね。
フクモッチャン、疲れとるんね。 お仕事、忙しいよねぇ。
私たちはのどかなひとときを堪能し、思いつきで記念写真を撮りました。
ベストショットは、完璧な逆光でした。 逆光・・・。

その後は優しい知らない人やらの来廊がつづきまして
残された芳名帳の署名を確認した私は、つい拝んでしまいました。
海岸ビルヂング、、、ギャラリーVie、、、ナントカさん、、、むむっ。
むむむの絵話塾やん。 そうであったか~村上さんによろしくお伝えくだせぇ。
と、こんな具合でついつい拝んだんでした。 ありがとごぜぇますー。

人生、つな渡り・・・ウソです。 つなじゃないもんねーオーケイだわい。
P4121406.jpg

展示期間中って、いろんなサプライズがまめにあるもんだよねー。
夕方、ナガサワさんから電話があって 「なんじゃい」 と応答すると
お仕事を30分早退して、こちらに駆けつけてくれるという声が。
うれしくて小躍りした直後、突然に電話が無音になり
私は とうとう幻聴を聞くようになったのか と思いました。 大変です。
そんなにみんなと会いたいのか、私よ。 そらもう、会いたいぜ。
6時半頃、道路の向こう側のナガサワさんを目視したときは
安堵のため息が漏れました。 よかった、ほんまにきた。 と。

ナガサワさんは、同士なんよねー。 うれしいなぁ。
8月に大阪のどこかでグループ展をするとのことで、楽しみです。
ナガサワさん絵本と会えるんですわい。 わーい。
ワクワクするし、ガタガタもします。 緊張ってやつです。

はいっ、これ今日のおやつでっすー。
P4141428.jpg
カレルチャペックの、サクラのお茶です。
いい匂いだな。 春だな。
おかしは、さくら紅葉おかきです。 なぬ? 紅葉かい?
私はイベールさんから借りた雑誌を片手に、春と秋をいっぺんにいただきました。 ペロッ




私の展覧会のこと | CM:2 | TB:0| edit
2011/04/13(Wed) 23:30  6日目は、
昨日の日記でのことですが
私の意図とは違うように受けとられても仕方ないかもね疑惑な一文があったので
先ほど、ひっそりと訂正をいたしました。 しかし~
再読しても、多分、誰もが気がつかないと思われます。
P4121408.jpg

さて。
今日のいちばんのりは、ショウダさんでした。
ショウダさんとは前回の展示のときに初めて会ったのだけど
底抜けに明るい印象は、そのまんまでした。 
現在、堀江のギャラリーで開催中のチャリティイベントに参加中とのことで
月末あたりのショウダさん当番の日に伺えたらな、と思いました。 
いろいろお話できて、とても楽しかったのですが
このひと言に、私は衝撃を受けてしまったんでした。

「私、覚えられないのよねぇ。 松田さんの顔も、覚えれんのよ~アハハッ」

え・・どういうことですか。 それって、今後もそうであるということかい?
ええっ、次に会ったときの自己紹介、めんどくせぇ。
めんどくせぇけど、私も人のこといえません。 アハハッ。 

その後は知らない人たちが、ぞくぞくとやってきてくださいました。
ありがとうございまっすー。
なかでもディープインパクトだったのが、威風堂々なおじちゃんです。
私の絵を 「うん、うん」 と頷きながらじっくり見て、その後いちいち
「安っ」 「安っ」という言葉を付け足すのです。
どうすればよいのかわからなかったので、私もいちいち
「でしょ~」 という言葉を 「安っ」 の後に付け足しました。
・・・そうか。 安いのか~、私の絵。 相変わらず、値段のつけ方わからねぇ。
でもそのおじちゃんは、安い私の絵を いい絵だ といってくださいました。
本当にうれしかったです。 ありがとう 以外の言葉が見つかりませんでした。

晩には吉田磨希さんがきてくれまして、またうれしかったな。
吉田さんとは、前回の展示の会期が同じだったご縁で知り合ったんでした。
吉田さん、そのときは離れのギャラリーで展示しておったんだよねー。
ありがとうございます~。 また会えて、うれしいです。
私からの案内のおハガキを見て、あれから1年が経ったことに気がついたそうです。
クールビューティな吉田さんの書く、芳名帳での文字が
見た目の雰囲気とあまりにかけ離れておることに衝撃をうけた私は、つい
「その字、絵か!」 といってしまったんよねぇ。 すんまへーん。
ああでも、そんな字の人、私はもうひとり知っておったな。
絵本作家の中川さんです。 
吉田さんで中川さんを思い出す・・・なんかキュンとしちゃうなぁ。


はい、今日のおやつは 鹿のフン でした。
P4131418.jpg
小部屋のテーブルにおやつを置くとき、これを運んできた田中さんがいいました。
「これ、鹿のフンだから気をつけてね。 て、 
 イベールさんにそういうように、ゆわれました・・・」 と。
私は、ああ、とうとうやってきたな、と思いました。 そう、ZOKKONラブ です。
隣の大部屋では、イベールさんがうれしそうに
奈良のかっすが~のぉ あ~おし~ばにぃ~ あ、ソ~レソ~レ と
調子よくうたっておりました。 正に 上機嫌 というやつです。
シャルウィダンス~ と誘われたもしたのですが、咄嗟に
それはダメだぁ! と思った私は、走って小部屋に逃げ帰ったんでした。
一体どんなステップを踏んだらよいのか、全くわからなかったからです。 チーン。

鹿のフン は、とってもおいしい生チョコレートでした。




私の展覧会のこと | CM:0 | TB:0| edit
2011/04/13(Wed) 00:06  5日目は、
晴れました。
P4121404.jpg
やっぱりねー。 期間中の後半は、ちゃんと晴れるのだよ。
これで 雨女 から 中途半端な雨女 に昇格(降格かもな)ですわい。

アプローチの仕方をすっかり全部忘れてしまった私は
通りすがりの人がきてくださっても 「あう~」 とか 
「そそそ、その~」 くらいしかいえませんでした。 
今後のお店での仕事具合が心配です。
だけど 「こんにちは」 と 「ありがとう」 はいえるので、よしとしようじゃな~い。

お客さんを見送った空に、もうでておりました。 まだ真昼間なのにな。
P4121410.jpg
赤い ラー という血文字のような看板の上に、薄く写っています。 月です。

夕方、介護のお仕事をされている人が、やってきました。
その後すぐに、とてもお上品な、かわいらしい老婦人もやってきました。
私も混ざったこのトリオ、昔話でエキサイトし、そして泣きました。
昔話・・・そう、ごんぎつね。 そして、イタズ。
私が小学生の頃に体育館で観た、映画「イタズ」。
この映画の話をしている真っ最中に、私、泣いたのだよ。
思い出し泣きってやつだよ。 まいったよ。 涙、とまんねぇよ。
キーボードがびちょびちょになるので、「イタズ」 のことには触れません。
気になるひとは、観てくだせぇ。 古い日本の映画だよ。 うわーん。

そんな涙のトリオ解散後、移動販売のまんじゅう屋にまんじゅうを買いにゆき
戻ってきたら、ギャラリーの床にゴロリと寝転ぶ不審者がいました。
よく見たら、友達でした。
このイケメンズがにこにこ顔だったのが、とてもうれしかったなぁ。
ふたり共、すごく喜んでくれたのが、最高だったな。
しばらくして、またイケメンがきました。 タケハラ君です。
そして最後、またまたイケメンがきたのには驚きでした。
矢吹さんです。
昼間のハットリンもかぶっておったら、小部屋はギュウギュウになったのになー。
みなさん、ありがとうございまっすー。
私、よっくしゃべったな。 笑ったな。
絵や絵本のこと、なにも気にせず、めいっぱい話せたな。
調子が出てきたみたいに感じて、モヤモヤがどこかにいってしまったな。 な!
おかげさまで、いちばん最後にきてくださったレディとは
いつもの調子でお話することができました。 あーよかった。

P4121400.jpg
よかったねぇ!





私の展覧会のこと | CM:0 | TB:0| edit
2011/04/12(Tue) 22:48  4日目は、
4日目いちばんのりは増田姐さんでした。
去年きてくれた時は、雨がザーザーと降っておったのですが
今日は晴れだったので 「よかったなぁ」 と笑いあいました。
後日、一緒に動物園に行く約束をして、私はウキウキしました。
姐さんは、オフの日はやたら美人なのです。
オトナの女ってやつです。 かっちょいい!

しばらくして、大西マンマが
どっさりクッキーと、手作りお弁当を持って、会いにきてくれました。
お弁当の中身は、炊き込みごはんと、てんぷらです。
私はそのとき、とてもお腹を空かせておったので、つい食べてしまったんでした。
あっという間の完食です。 おいしすぎるのだから、仕方ありませんのです。
私がパクパクごはんを食べている最中
外の空気がなんだか変わった気がしたので振り向いたら
なんとしたことか、雨が降ってたんだよねー。 これも仕方ないよねー。
そういや、遠足の日に大雨が降ったことに激怒したダウンタウン松本一志は
すごい勢いで表に飛びだし、空に向かって 「コラァ、降りてこぉい!」 と怒鳴ったそうです。
あ、まっちゃんが小学生だった頃の話だよ。
私は濡れたくなかったので、表にこそ出ませんでしたが
心の中では、こう思いました。
「どういうつもりじゃい、ウラァー!」 と。
きっと声にだしておったら、口の中の炊き込みごはんが部屋中に飛び散り
マンマの上半身をも、汚染していたことでしょな。
心の叫びにしておいてよかったわい。 ウラ~。

夕方、イベールさんが運んできてくれたおやつは
おいしくない という前評判がくっついているクマクッキーでした。 ↓
P4111396.jpg
クマの胴体が、見事まっぷたつに割れています。
クマの横に添えられたチョコボール、、、なんか意味ありげですな。
もしや、これってウ〇コ? ナイスセットアップじゃないのー。
意図された組み合わせなのかはわからねぇけど、もろ好みッスよ!

空いた食器を返しにいったら、とうとういわれちまいました。
「松田さん・・・雨女」
イベールさん、なんてこといいますのや~。 でも否定できねぇ~。
私は 「今、キョーレツな晴れ女を欲していますよ。 フフッ」 といって
思いきり苦笑いしました。

晩にはサンノ君がきて、サラリーマンYさんが3度目の来廊! ありがとう!
Yさんを見送った後は、梅田でなつかしメンバと合流して
たらふくビアを飲み、ピッツァを胃につめこみました。

4日目は、まじで知り合いばっかり集まったいち日だったんでした。 ブラボ。







私の展覧会のこと | CM:0 | TB:0| edit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。