わたしのあたま
絵を描くひと・松田幸子の日記です
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2012/11/22(Thu) 20:55  ボヘミアンラプソディを目撃した
大好きな先輩、中川さんの個展に行ってきました。
大阪での展示は2年半ぶり、、まったく時が経つの早くなっとるな! て、
そんなことはどうでもいんだよー。

PB221622.jpg
中川洋典 作品展 
「ボヘミアンラプソディ」
11/21 ~ 11/26
海月文庫アートスペースにて
 大阪市淀川区木川東3-3-12


楽しかったナァ楽しかったナァ!
いろんな話をきけて、すごく嬉しかったナァ。
つい長居しちゃったぜ。 ヘヘヘッ
中川さんの描く絵は
カラフルで渋くて人物の顔がおもしろくて音楽が鳴っていて、濃いんだよ。
そう、これは私が勝手に抱く印象です。 もっと勝手に
ブエナビスタソシアルクラブ っちゅー映画のサントラ音楽を重ねてしまいます。
いいなー、名盤でございますよ! 好きー!!
そんなわけで、今夜はそのサントラ音楽を鳴らしながら描こうと思います。
いち枚ずつの作品が、本当に近くに感じるホットな展示でしたので
私も描かずにはいられねぇよー。

あ! その前に、、、
みなさん、ご覧ください ↓
PB221620.jpg
中川さん作の絵本 「ピオポのバスりょこう」 での見開き12枚目で使用される予定だった
うれし泣きするジィさんの顔です。 原画です。 フーハー!
作家さん本人のご好意でいただきました。
この顔、その見開き12枚目の好きなところにペタリと貼ってカスタマイズするのですが
私は中川さんの、その手仕事の細やかさにド肝を抜かれたんでした。
今度、この絵本にもサインしてもらおっと。








スポンサーサイト
いろんな展覧会のこと | CM:0 | TB:0| edit
2012/04/12(Thu) 22:42  差し入れは金太郎飴とあられです
京橋画廊にて、本日初日でございます。
P4121609.jpg

ななかにつなさん参加のグループ展 
「もちよりタマテバコ」
 2012年4月12日(木)から4月17日(木)まで
 大阪市都島区東野田町2-8-13 ミチキビルディング2F

ななかにさん、めちゃオシャレなメガネかけとったなー。 ええなー。
ななかにさんとは、ヨーコさんとのご縁で知り合いまして
お会いするのは、まる1年ぶりくらいでした。 姉御です。
ななかにさんの水彩画、好きだなー。
あったかくて優しくて、繊細やけどどこか大胆みたい。
そうそう、これはななかにさんのことかな!

私たちは、小さな水彩画の前で、たくさん話をしました。
ええ、話をしすぎて、もうちょっとで靴のことを熱く語るとこでしたわい。 ブヒー
そんなホットな私に、ななかにさんはそっと、手のひらサイズのアルバムをさしだしました。
表紙をめくると、まるで数年前の浅野忠信のような
爽やかっぽいけど、そうでもないような
そんな男の人が、カラフルでもっさりとして暑苦しくて目玉だらけの空間で
幸せそうにほほえんでおる写真が何枚もはさんでありました。
一緒に写っておるななかにさんも、幸せそうに見えました。

「この男の人、誰ですか」 とたずねると
「コタケマン」 と、ななかにさんはニヤリとしながらいいました。

それから私が帰るまでの間は
多分、コタケマンのことしか話をせんかったように思えます。

コタケマン こたけまん KOTAKEMAN

5年前から、3階建ての自宅を作品にするべく、篭り制作をしているそうで
なんだかまるで、夢のような人に思えてなりません。 夢ちゃうけどな!

コタケマンは、去年に開催された大きなアートイベントで、ついに
ついに期間限定で、その自宅を開放したんでした。
そう、公開生活というやつです。
ななかにさんは、その公開生活のお手伝いをしたのですね。
公開中 オシリペンペンズ というコタケマンの友達バンドのライブもあったそうです。

オシリペンペンズ

オシリペンペンズって、石井モタコという人がおるバンドやんな。
そうだったのか! 
私は長らく会っていない友達のことを、走馬灯のように思い出しました。
ヨジロウ君、きっぺ君、そしてペラリンコ
みやこちゃん、ノンちゃん、カミウト君、ヒロエちゃん

ヨジロウ君からは、以前 
「自宅を開放して、なにかしたらいいねん」 という提案をされたことがあります。
丁重に断りましたが。
石井モタコっちゅー人のことは、ペラリンコからよっく聞いておりましたな。
おかげで、他人なのに、赤の他人でないような気がするよ!

そのライブがあった日、コタケマンの自宅 (作品) に
総勢50名の来客があったということで、公開生活の驚異を知りました。
ななかにさんは、大慌てで50人分の下駄箱を用意した、といっていました。
驚異です。

ななかにさん、ありがと~。




いろんな展覧会のこと | CM:2 | TB:1| edit
2012/03/08(Thu) 21:04  今日、初日でした
P3081593.jpg

シャガール展の招待券をいただきましたので、行ってきました。

ああ~、よかった! とってもよかった!!
もういっかい、見たいなぁ。

鮮やかで、楽しくて優しくて、なんといってもロマンチック~。
ウットリしちゃうなぁ。
私も恋してぇ、なんて思ってしまうくらい、ポワーンとしてしまったな。
絵を見に出かけること自体、久しぶりだったのだけど
こんなに夢見心地な気持ちになるなんて
なんてなんて、乙女なことよ。
会場内に置かれたソファに、寝っころがりたかったもん。

しかし、どんなにロマンチックでステキングとはいえ
作家の生前の日々が、常にロマンチックだったのかというと、違うよねぇ。 だけど
そうじゃないこともぜんぶ含め、ロマンチックでドラマチックで、ステキングなんだろうなー。
私の日々もそうだし、他のだれかの日々もそうやんな。 きっと。

私の日々~。
私の日々ってさ、毎日、お客さんに 「ありがとう」 といってもらえることだし
膝をついて、お客さんの足に触れることだし (私、靴の販売員だから)
そのひとが、どんな靴を履きたいと思っているのかを察知することだし
うちの靴が、どんなにスンバラシイのかを伝えることだし、、、あ、やべぇ
仕事のことばっかになっておるな! 
だって、私の今いちばん好きな仕事なんだから、仕方ないよねー。

ロマンチックには絶対ならないけど、こういう日々を描いたらどうなんかな。

靴と私と、あなたの足

いっぱい描いて、そのうちどこかで展示させてもらえたら
私はまず、サナエちゃんを、みんなをお招きしてぇよ。 なんてな!

シャガールの絵で、妄想広がり放題ですわい。



いろんな展覧会のこと | CM:0 | TB:0| edit
2011/07/16(Sat) 21:53  海月文庫で気がついたんでした
長谷川義史さんの個展に行ってきました。
中川さんの個展のときも思ったのだけど、海月文庫って素敵なギャラリーだな。
木と本の、いいにおいがするな。

私が到着したとき、先客が6人くらいいて、楽しそうにおしゃべりしていました。
その声をうっすら聴きながら、じっくり絵を見ておると
なんだかほのかに、泣きたい気分になりました。 もうワケがわかりません。
長谷川さんの絵は、どれも元気いっぱいなのになー。
ま、近頃の私の、気分のムラのせいだろなー。
激しい浮き沈み、なんとかならんもんかいな。

と、長谷川さんの作品を目の前にして
そんなつまんないことを考えてしまったんよねー。 チェッ。
今のお仕事で関わるひと達を、未だ信用できないでいる不安感が
四六時中、付きまとっているのだと気がつきましたわい。

今日は出かけてよかったし、晴れていてよかったな。

先客6人さんと入れ替わりでやって来たおじちゃんの雰囲気がとても丸くて
目があったとき、私はなぜだか ホッ としたんでした。


↓ 髪の毛と、手が生えました。
P7161512.jpg


私はきっと、みんなのことが大嫌いなんだろな。 でも
それと同じくらい、好きなのだと思います。





いろんな展覧会のこと | CM:2 | TB:0| edit
2011/06/02(Thu) 00:03  ちっちゃいけど、ちっちゃくない
京都のメリーゴーランドでは、絵本作家の石井君とおくはらさんの
ちょこまかした作品の展示が真っ最中です。
ちょこまかを見たかったので、特急電車に乗って、京都に行ってきました。

うん。 ほんまにちょこまかしとった。 しかも、モーレツに。

羊毛で作ったちょこまかアイテムがごっそり
練って作ったちょこまか動物の陶芸作品がどっさり
ちっちゃなキャンバスに描かれた絵がびっしり

ちょこまかも、こんだけ集ったらすごいもんだよ。 おもしろいー。
ちょこまかの前で、仁王立ちですわい。
200枚のちょこまかキャンバスと手前の動物らを、すごい眼力で見つづけると
さすがに目が疲れるのですが、そういうときは振りかえって反対側の壁を見ます。
そこには大きな作品もあるので、眼精疲労が和らぎます。
なんというニクイ演出。 さすがです。

それにしても、私、知ってしまったわい。
ちっちゃい作品て、じっと見ておったら 小さい て概念がだんだん消えていくんだぜ。
ほいで、気づいたら大きくなってるんだぜ。
ミニの魔力 ってやつだな、これは。 子供と似とるな。 
ちょこまか動物だって、特に前のほうにあったウサギが~
小さいからかわいく思えたけど、よっく見たら
意外と顔のあたりがグロテスクで、やっぱり買えばよかったなぁ、と後悔したりしてな。
ミニの魔力 って、すげーや。

ちょこまか展で鼻息を荒くしたあと、隣の本屋さんで本を買いました。
ほんとうは、フクロウの写真集を買おうと思っておったのですが
長さんのちっちゃな絵を、ちょこまか展で見つけたあとだったので
フクロウはやめにしました。 そのかわり、
長さんの 「あかいはなと しろいはな」 という絵本を買いました。
やっぱりこの絵本、好きだなぁ。 なんだか早く家に帰りたいなぁ。
だって フワーッ としてしまったのよ、帰りたいわ~。
木屋町の路地でお豆腐と飛竜頭を買って、天せいろ食べて
そうして私は、ほんとに ピュー と家に帰ったんでした。

帰りの特急電車では、終点の梅田駅まで眠ってしまったので
途中で新幹線と、私の乗る電車がすれ違ったかどうか、分かりませんでした。
行きはすれ違ったんだよねー。 

また京都に行こうっと。



いろんな展覧会のこと | CM:0 | TB:0| edit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。